読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿南英樹の健康ブログ

阿南英樹という男がひたすら自身の健康肉体を目指すブログ

筋トレの仕方を季節で分けていますか?

じょじょに肌寒くなりましたね。寒くなると体が強張ってしまい体中に変化が起きます。そういう訳で今日は冬のトレーニングにおける注意点をお伝えしていこうと思います。

 

夏の筋トレをそのまま冬にも同じ事してしまい筋肉を付けるどころかただ体を痛め付けているだけになっていませんか?今日からトレーニングも冬用に衣替えしましょう。

 

【冬の身体知ろう】

筋肉には体温を上げる力が有ります。冬の寒い時期は筋肉が収縮して体温を上げようとします。その為、意外と知らない方が多いと思いますが実は夏よりも冬の方が痩せやすい体質になる方が多いのです。体の中は必死で全身を温める事で一生懸命ですから脂肪を沢山燃やそうとします。その為どの動物もそうですが、冬を越そうとするために沢山食べ物摂取をしようと体が考えます。しかし、人間は冬眠もなく室内で過ごせる為、過食を我慢さえすれば効率良く痩せられることが可能になります。

 

【筋肉が固まっているのに『いきなり』が危険!】

夏と同じ筋トレを冬にしようと考えてる方は大変危険です。筋肉が固くなってる状態で激しい筋トレをいきなりするという事は体を巨大なハンマーで叩かれているのと一緒です。必ずストレッチを行い体を温めて、筋肉をやわらげてから鍛えていきましょう。

この事を踏まえて、冬の屋外筋トレやジョギングをする方は大変危険です。少しでも寒くなると筋肉が固まります。その分体を痛めてしまいう結果になります。ちょっと前に『サウナスーツ』のようなアイテムがあったと思います。防寒性、保温性に優れる冬場の屋外トレーニングには持って来いなアイテムだと思います。

『サウナスーツ』が無い方はどうしたら良いのか。屋内でトレーニングをすれば良いのです。寒い場所で筋トレはしないという事と冬場は特にトレーニング前のウォームアップを必ず行う事を心がけましょう。

 

【更に細かく冬のトレーニングで気を付ける事】

★水分補給・・・これは知ってる方も多いと思います。冬は乾燥の季節です。その為に体中の水分が乾くと言っても過言では有りません。脱水症状にならないように気を付けましょう。

 

低血糖・・・最近糖分を控える方多いですよね。そして冬場は体を温めようと脂肪を沢山燃やそうとします。しかし糖分が無いとその効果は少なくウォームアップ効果も少なくなります。過剰の摂取はいけませんが適量の摂取を心がけましょう。おススメ『米』です。

 

★タンパク質・・・冬に活躍する栄養素の一つです。タンパク質はお腹が膨れて満腹感を得られるので積極的に取って行きましょう。また筋肉を付けたい方には必須の栄養素です。身体を絞って筋肉を付けたい方も適度に取るようにしましょう。

 

【季節で使い分けで理想の体に!!】

上記記載した通り冬はダイエットに向いてる季節です。夏は成長ホルモンの分泌が多く筋肉を付けるのに適した季節になります。この効果を利用する事で自分がなりたい体型が調整ができます。細マッチョを目指すなら冬にダイエット(有酸素運動メイン)にして、夏は筋トレ(無酸素運動メイン)にすれば良いのです。逆にゴリマッチョを目指すなら冬に栄養を十分取りながら適度な筋トレ、夏は十分に筋トレをすれば良いのです。体型別プロテインを使用するのも良いのですが、季節に合わせてトレーニングをする事が一番効果的だと思います。また痩せにくい方、太りにくい方でお悩みの方もこの季節により食生活を変えて見ては如何でしょうか?

 

冬は痩せやすい季節、ダイエットをしている方は体を動かさないともったいない季節です。また筋肉を痛めつけてしまう可能性があるのでトレーニング前は必ずウォーミングアップや防寒を心がけましょう。是非四季に合わせてトレーニングで理想の身体を作って行きましょう!!