阿南英樹の健康ブログ

阿南英樹という男がひたすら自身の健康肉体を目指すブログ

ハイグレードなフィットネスクラブに通う友達

すっかり涼しくなりました。汗っかきの僕からしたらこれぐらいの気温が一番ベストです。暫くすると寒い冬がやってきます。

 

友人が青山にある高級フィットネスクラブに通い始めました。職場の近くにあって気軽に寄れるからという事で入会したみたいです。やはりハイグレードなフィットネスクラブという事で設備やスタッフ、メニューも充実のようです。

その友人が通い始めたフィットネスクラブは「GRANCISE(グランサイズ)」というフィットネスクラブです。今日は気になる高級フィットネスクラブについて調べて見ようと思います。

 

GRANCISE(グランサイズ

料金は保証金が300000円+入会登録料30000円+各店舗の月会費という料金設定です。絶対に安くはない料金設定ですが、やはり結果にコミットをする料金のようです。

(青山店の場合)

月会費は23000円です。施設は最新フィットネスマシーンを備えたフィットネスエリア。トレーナーがみっちり指導してくれるので使い方が分からなくて困る事も無く満遍なくマシーンを使用し鍛えることが出来ます。

またカフェラウンジもあり仕事から一息を入れて鍛える方や鍛えた後の休憩として使用する方様々だと思います。休憩を十分できる快適スペースです。

プールは温水仕様の25mプールです。天気が良い日は青空を見上げて泳げる開放感があります。

ルフレンジ設備もあり、レッスン受講も有料ですがあります。

浴室はサウナ(ドライ・スチーム)とパウダールームにアメニティも充実しています。またエステやネイルサロンも充実しています。

(大手町の場合)

月会費は33000円です。この月会費だとしたら全店使用が可能な36000円の会費にした方がお得な感じがあります。大手町のグランサイズは東京の夜景が一望しながら楽しむ事ができます。

フィットネスエリアの充実したトレーニングマシーンを備えております。また大手町という立地だからこそビジネスルームが備わっています。仕事で忙しい人にも安心して通えそうです。プールは屋内で広々しています。サイドスパも管理されている為気軽にリフレッシュも出来ます。

(恵比寿ガーデンの場合)

月会費は27000円です。まず恵比寿ガーデンで注目してもらいたいのが施設の充実さが他とは違います。スカッシュコートまであるので飽きの来ないトレーニングが期待できます。ロビーもゆっくりくつろげるエリアになっていてリフレッシュができます。ジャグジーが屋外に備えてあるためリゾート気分が味わえるのも利点です。

 

専門知識があるトレーナーがワンツーマンで教えてくれるのは効果がありそうですね。その友人もフィットネスクラブに通う感覚じゃなく楽しんで通えるから満足と言ってました。

 

【リーガルヘルスクラブ早稲田】

僕は大昔に早稲田に住んでいたことがありました。早稲田に住むプチセレブな友人がいまして同伴ビジター(というか僕をトレーナーとして)としてたまに今でも一緒に行く事があるフィットネスクラブなんですけどここが凄く良い場所なのでちょっと紹介致します。

マシーン設備は最新かつ充実した機器が大量に扱っていてプールも清潔感があり広々しています。スパもサウナやボディシャワー等が充実。ワールドプールバスのジェット水圧はトレーニングした後の筋肉をリラックスさせてくれるので体力回復には持って来いです。リラクゼーションエリアやアロマセラピーも利用した事はありませんが好評のようで充実した施設です。僕が見た中で最強にトレーニングがしやすい環境だと思います。気になる入会金ですが・・・3428000円・・・。僕もこのブログを記載していて初めて知りました。というか桁間違えたかな?って思いました。ですが入会金後は年会費356400円だけになるので長く通うなら設備を考えると釣り合うのかもしれません。

てか「プチ」セレブと思っていてすいません。

 

【ジムに通うメリット】

この様にフィットネスクラブに通うと沢山のメリットがあり、やる気やモチベーションも大分違うのかもしれません。ましてはハイグレードなフィットネスクラブになると完璧な空間と設備、ワンツーマンで教えてくれるトレーナー、地域や男女に合わせたリラクゼーションや空間づくり等を受けると辛く鍛える事が楽しくなってきそうです。

 

僕は今ハイグレードなフィットネスクラブに憧れはあるものの、結局自分は自分で鍛えた方が良いと思っています。トレーナーも僕も人に教えるのは常に基礎だけです。鍛えている体を使うのは自分自身です。トレーニングをしている時に何処かに痛みが走ったり、鍛えてる部分とは違う場所が緊張していたりとその場だと訴える事ができるけど翌日の異変などはすぐ側にいる訳でもなく聞く事ができません。そして意外にも筋肉の痛みは箇所によって似たような症状が複数あるのも怖い要因です。自分自身トレーニングの知識を吸収し自分の身体は自分で管理する癖をつけた方が僕は良いと思っています。