阿南英樹の健康ブログ

阿南英樹という男がひたすら自身の健康肉体を目指すブログ

若返る為の筋トレと食事のコツ

台風の予測不能な動きが気が滅入ってしまいますね。台風と言うよりも台風に影響されてしまう交通や施設に振り回されて気が滅入りそうって言う方が正しいかな。20代の頃は環境に左右されずに無敵だった気がしますが歳ですかね・・・。

 

そんな訳で今日は老いに負けない体づくりについて調べて改善していきましょう。台風の話だけでなく、つい先日、高校時代の部活同窓会が開かれていた時に良き親友でもライバルでもあった友人がいたのですが、その友人が激変しておりました。僕は転職活動で外資系の職業を目指していましたがTOEIC等の受験を試みて敢え無く挫折しました。しかし、その友人は私が憧れていた外資系企業に就職し更に容姿端麗のアスリート体型だったのです。僕の中の最強の男と言っても過言ではないその友人が同窓会で現れたのですが、彼は当時の面影は全く無く、とても同い年とは思えない老けこんだ姿をしていました。その事を話すと「いやぁ~、仕事が忙しすぎて・・・」と話していました。またその友人が「英樹は全く変わらないね。俺もトレーニングとかしてみようと思うけど仕事に支障なくやれる事あるかな?」と私を見て言ってくれたのですが全く分からなかったのでアドバイスができませんでした。

そう聞かれて、僕も老けない&若返りトレーニングのようなメニューがあるかもしれない。僕も友人のような激変しないように調べていこうと思います。

 

【若返りと筋トレについて】

筋トレと聞くと筋肉をムキムキにしたり体を絞る事、ダイエットと言う意味合いが強いと思います。しかし、実は美肌効果や髪の毛にツヤが出たりする効果もあるそうです。

理由は筋トレをする事で体内でコラーゲンが生成されるとの話です。実はコラーゲンは美肌効果よりも運動機能を高めるための効果として生成されます。こう考えると食べ物だけでコラーゲンの効果は薄く、筋トレと共に行うと効果が高まるという事です。要はダイエットと一緒で楽して美肌を手に入れるのは難しいという事です。

更にコラーゲンは老化がしやすいので常に新しいコラーゲンの生成が必要になります。なので毎日フカヒレやサプリを飲み続けるか、筋トレを続けるかの選択になります。その二つを比べるとやっぱり体が自動的に作り出すコラーゲンの方が経済的にも健康的にも良さそうな気がします。(一番は両方行う事だと思います!)

そしてコラーゲン以外にも筋トレを行う事で成長ホルモンが分泌されます。この「成長ホルモン」ですが、体内組織の回復、脂肪の燃焼、免疫力向上、そして身体の若返り効果があります。若さに負けてられないと思っている方は絶対に筋トレがおススメです。筋トレをする事で若返り機能が増すなら安いもんです。

しかし、だからと言って筋トレをひたすら行えば良い訳ではありません。ダイエットに効果的な有酸素運動ですが実はやり過ぎると体内で活性酸素が増え続けて老化を早めてしまいます。だからと言って無酸素運動をし過ぎてムキムキボディ(本当は一番の健康体なんだけどね)になりたくない方は両方バランスよく適度に行う事をおススメします。例えば同じ腹筋運動を行うとして始めはゆっくり腹筋を行い有酸素を取り入れます。その後少しペースを早めて無酸素運動として腹筋を行うと効率が良さそうです。

この点を抑えると「ヨガ」や「ピラティス」が良い理由が出てきます。適度な有酸素運動無酸素運動を両方行えるメニューが豊富にあります。

 

【若返りと食事について】

若返りの栄養分は皆さん知っている通り先程のコラーゲンだったり、豊富なビタミン摂取という事はご存知だと思います。しかし、同じ食材を口に運ぶ行動でも一工夫をしてより効率的に若返り効果を得られる方法があります。

まず「サーチュイン遺伝子」というのは皆さんご存知でしょうか?老化と病気から身を守る遺伝子ですがこの遺伝子が活発に動き出すのが「お腹が空いた時」なのです。なので空腹に耐えきれず間食をするとせっかくの「サーチュイン遺伝子」の働きが無く老化が進みます。「腹減った」と思ったら30分~1時間を待ってから食事をした方が若返り効果や免疫力向上に効果的だそうです。そして食べ過ぎない事。美味しいご飯がテーブルにならんだらついつい満腹になるまで食べてしまいますが腹「七」分目にして食べるのが良いそうです。八分目でありません七分目ですよ。空腹の状態を作っておく事で「サーチュイン遺伝子」が活発に動き出しやすくなります。ですが空腹に動き出すからと言って絶対に食事を抜く事は極力避けて下さい。

また寝る前にデザートとして甘い物を摂取する方がいらっしゃるかと思いますが糖質は控えて下さい。もちろん糖質なので米やパン、アルコール等も含みます。成長ホルモンは寝ている時に分泌されます。しかし寝る前に血糖値が上がると成長ホルモンが分泌がされにくくなるそうです。

 

このように上手く自分の身体が自動的に効果を発揮してくれる効果は筋トレ、食、生活の中にあります。若返りを促進させるにはこれらを行い、改善をしていく事が良さそうです。また就寝後の成長ホルモンの分泌ですが22時~深夜2時だそうです。早寝早起きも美肌効果がありそうです。