読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿南英樹の健康ブログ

阿南英樹という男がひたすら自身の健康肉体を目指すブログ

最強のプロテイン&ダイエットフード 「納豆」

こういうムシムシする時期は外で全力で走りたくなる阿南英樹です。

今日は知っている方も多いと思いますが、最強のプロティン&ダイエットフードである「納豆」を紹介したいと思います。そもそも納豆は日本人の歴史においてあまりにもポピュラー過ぎているのか、いつから大豆を納豆にして食べ始めたのかは不明です(諸説は有りますが縄文時代?)。そんな日本人が当たり前のように食べている納豆。しかし、その納豆には最強と言われるパワーを持っています。

 

食べ過ぎに要注意!!

最強のプロテイン&ダイエットフードだからと言って大量に食べ過ぎてはいけません!痛風の原因であるプリン体が入っているからです。ですが、一日に2パック程度であればなんら問題は有りません。

 

納豆と筋肉

筋肉を作るにはタンパク質が必要です。納豆の1パックにタンパク質が8.25グラム入っています。人によってこのタンパク質摂取量のオススメは変わってきます。基本は痩せ型体型や太り過ぎではない女性は1パックで十分です。ちょっと大柄な男性は1日に2パックが理想です。納豆はタンパク質が豊富なのにコレステロールは全く入ってません。ですが以前の記事でお伝えしたようにコレステロール自体悪い物でありません。ダイエットにも必要な栄養素です。コレステロールを調整しながら納豆を食べればより効果的でダイエットになると思いませんか?卵と肉はタンパク質が豊富ですがコレステロールも豊富。卵か肉と一緒に納豆を食べれば効率が良いと思いませんか?

 

納豆とダイエット

上記に説明をしましたが、コレステロール以外にもダイエット効果が有ります。腸内をキレイにしてくれる「納豆菌」がいます。コイツが非常に良い働きをしてくれます。まず凄く強いんです。乳酸菌やビフィズス菌は腸に辿り着くまで大変な道のりを越えていきます。胃酸にやられたり熱で死んでしまったり・・・。しかし、納豆菌は強いんです。胃酸や熱がきても、さっと姿を変えて中々死ぬことは有りません。その為、沢山の納豆菌が腸の中に辿り着き腸内環境を良くしてくれます。そして力尽きそうな乳酸菌やビフィズス菌を助けて悪玉菌をやっつけます!まさに本当の強さとは一人でいる事ではないと教えてくれます。

また食べ物の吸収を抑えてくれたり、血液をサラサラにしてくれるのでむくみやデトックスにも効果的です。

 

納豆嫌いはどうすればいいの?

実は僕も納豆は苦手でした。臭いとネバネバが最初は抵抗を感じていました。僕の克服法ですがネバネバは山芋をとろろにして食べる事ができるのでイメージはとろろと思い食べました。

ネバネバよりも肝心なのは臭いです。しかし最近の技術のおかげか、臭いが強い納豆は見かけません。でも何故か臭います。そう僕の場合は只の過去のトラウマを引きづっていて食べる前に納豆を顔の近くまで寄せて臭いと認識するまで嗅いでいた事です。またタレを多めにしたり、かき混ぜる回数を増やす事で臭いは緩和されます。

嗅がずにさっと口に運ぶと大した事ありません。僕はそれから大っ嫌いから大好きになった口です。(今では超臭いが強い本場の藁納豆ですら食べれます)

 

どうしても苦手な方はどうしたら良いの?と思うかもしれません。化学が発達した世の中にはプロテインやサプリが有ります。経済的では有りませんけど栄養や効果は十分補えます。